WELLCOME !!

Good Music,Good Story,Good Life !!

重度のアトピー性皮膚炎、自律神経失調症、鬱病を克服した男のブログです。
現在はラジオDJ、ボーカリストとして活動中。

自らの経験、技術を活かすべく
コンサートサポート O・H・Sファクトリー の代表として、フリーのミュージシャンのライブのバッキングサポートもしています。
フライヤー・チケット・プログラム制作、録音、ビデオ撮影、CD、DVD制作など ー

今日が苦しい病の中でも明日に希望を持とう。
明日は好転するかもしれない。明日が駄目なら明後日がある。私はアトピーも神経の病も鬱も克服するのに30年以上の歳月をかけました。完治はしてません。ただどんな状況・状態でも生きる術を身につけました。

メインパーソナリティーをつとめる心の音楽番組
 世代を越えた幅広いジャンル、年代の楽曲を On Air
もっとも多くかかるジャンルはハートランドロック。
毎週金曜日 朝9時〜11時 札幌市厚別区のコミュニティFM Radio T×T FM ドラマシティー 77.6MHz

リクエスト&メッセージは、 asa@dramacity.jp 件名は「金曜日」

10:00
今日の特集

9:45
天気予報

9:50

10:00
特集後半

ネットでの御視聴は・・・
映像付きなら サイマルラジオ またはRadioKnock 
音声重視ならリッスンラジオまたはiOS無料アプリ「FM.日本」

2010年9月30日木曜日

アビーロード

ビートルズのイギリスにおける11作目のアルバム。

ビートルズの事実上のラスト・アルバムとも呼ばれています。





前にも書いたけどビートルズのアナログ版は中一の時にBOXセットを父が買ってくれた。
まさかそのことが一生涯に渡り僕が音楽にのめり込んでいくきっかけになるとは思っていなかった。
ビートルズはそれぐらいの衝撃でした。
解散して10年が経過していました。








この「アビーロード」はビートルズのアルバムとしては初めてCDで聞いたアルバムでもあります。大学生の時、CDがまだ復旧する前だった。アルバイト先で一緒だった旧友がプレゼントしてくれたのだった。





このアルバムも沢山の伝説を残しているが、僕が逸話で面白いと思ったのは"Everest" (エヴェレスト)というアルバタイトルムになる予定だったということ。

実際にエヴェレストに写真撮影しに行く計画があったのをポールが嫌がって彼らにとってもっとも身近であった「アビーロード」に。

ジャケット写真もそのアビーロードスタジオの前の横断歩道になった。そう、最近買収騒動があったあのスタジオです。




"Everest" だったらどんな印象のアルバムになっただっただろう。











このアルバムはメンバーでも評価が分かれているらしい。



ジョンはB面のメドレーをガラクタと言っていたらしい。
なんとも裏をつくジョンらしい。







そのガラクタを真面目に再現しているミュージシャン達がいる。
かなり前にギタリストのジョージ・ベンソンがカバーアルバムを出していたのでレンタルで借りて視聴したことがあるがこれはなるべくオリジナルに忠実にカバーしている。皆さんはどう思いますか?








ノンストップで見たい方はこちらでどうぞ。