WELLCOME !!

Good Music,Good Story,Good Life !!

重度のアトピー性皮膚炎、自律神経失調症、鬱病を克服した男のブログです。
現在はラジオDJ、ボーカリストとして活動中。

自らの経験、技術を活かすべく
コンサートサポート O・H・Sファクトリー の代表として、フリーのミュージシャンのライブのバッキングサポートもしています。
フライヤー・チケット・プログラム制作、録音、ビデオ撮影、CD、DVD制作など ー

今日が苦しい病の中でも明日に希望を持とう。
明日は好転するかもしれない。明日が駄目なら明後日がある。私はアトピーも神経の病も鬱も克服するのに30年以上の歳月をかけました。完治はしてません。ただどんな状況・状態でも生きる術を身につけました。

メインパーソナリティーをつとめる心の音楽番組
 世代を越えた幅広いジャンル、年代の楽曲を On Air
もっとも多くかかるジャンルはハートランドロック。
毎週金曜日 朝9時〜11時 札幌市厚別区のコミュニティFM Radio T×T FM ドラマシティー 77.6MHz

リクエスト&メッセージは、 asa@dramacity.jp 件名は「金曜日」

10:00
今日の特集

9:45
天気予報

9:50

10:00
特集後半

ネットでの御視聴は・・・
映像付きなら サイマルラジオ またはRadioKnock 
音声重視ならリッスンラジオまたはiOS無料アプリ「FM.日本」

2018年9月24日月曜日

2018 10/5 佐野元春特集17回目 「自由の岸辺」リリースに寄せて

佐野元春&ザ・ホーボー・キング・バンド「自由の岸辺」


まず遠くに住む家族にプレゼントして自分は台湾から帰って来てから落ち着いて聞こうと思っていた。


そしてあの地震。



ようやく封を開ける。



今日落ち着いてこの人の新作を聞けることに感謝。



10/5はこのアルバムをモチーフに佐野元春特集17回目。


ザ・ホーボー・キング・バンドととの新作が聞けるというだけでも嬉しいのです。


2018年9月19日水曜日

タケカワヒキヒデさん ありがとう!

先日は手稲のお祭りにゴダイゴのタケカワユキヒデさんが来てたんだね。

休日ということもあってイベントラッシュの日でした。観に行けず残念。

12月の手稲で開催されるイベントに17年ぶりにライブ演奏を再開した友人のサポートで出演します。

サポートといってもデュオユニットです。後ほど告知します。

2018年7月13日金曜日

開催直前スペシャル 2018 7/13「銭函フェス」特別ゲスト 中田雅史

2018 7/13(金)9:00-
開催直前スペシャル企画
銭函フェス〜MUSIC FESTIVAL IN ZENIBAKO 2018〜

特別ゲスト 中田雅史


https://m.facebook.com/Fridaymorningohmae/

リクエスト&メッセージ
asa@776.fm 件名は「金曜日」

朝の情報番組モーニングサンドウィッチ金曜版(9:00~10:59) 77.6Mhz
DJ 大前光弘 

ネットでの御視聴
・サイマルラジオ
http://www.simulradio.jp/
または
・リッスンラジオ  http://listenradio.jp/

北海道のラジオ曲から
Radio T×T FMドラマシティー
を選択してご視聴ください。





フェスの日程、出演スケジュール

■7月16日(月祝・海の日)

「銭函フェス〜MUSIC FESTIVAL IN ZENIBAKO 2018〜」
 
【有料メインステージ光超寺 】
 
時間:13:30open 14:00start〜20:00close
料金:前売¥2500/当日¥3000(※前売り券の販売状況により、当日券の販売を行わない場合があります。)小学生以下無料
 
会場:光超寺 / 小樽市銭函2丁目6-1
 
出演:佐藤タイジ(シアターブルック)、OKI(OKI DUB AINU BAND)、成山剛(sleepy.ab)、花男、
中田雅史、河崎真澄、chima、蝦名摩守俊(SE-NO)、星野裕矢、木歩
 
【無料カフェステージ】
 
料金:1オーダー + 投げ銭制
 
会場:【銭函エリア】
 
◉ しろくまコーヒー / 小樽市 銭函2丁目1-7
出演:Bless of September / 13:00 Start
 
◉ レストラン癒月 / 小樽市銭函1−23−2
出演:竹上久美子(京都) / 15:00 Start
 
会場:【張碓エリア】
 
◉ yukimichi / 小樽市張碓町 560-24
出演:十輝(広島) / 13:20 Start
(11:00〜15:00まで軒下マルシェも開催)
 
◉ View Cafe / 小樽市 張碓町351
出演:中田雅史、二胡とうた 凛子 / 11:00 Start
  
◉ Cafe&Hall Matano / 小樽市張碓町531
出演:山木将平、WedimMedia / 11:50 Start

タイムスケジュール等など詳しくは銭函フェスホームページをご覧ください。https://zenibakofes.wordpress.com/

2018年6月8日金曜日

2018 6/8 ザ・スパイダース 洋楽カバー&井上堯之特集




2018 6/8(金)9:00-

ザ・スパイダース 洋楽カバー&井上堯之特集


まだ一月程しか経ってない。


ギタリストの井上堯之さんが逝去されました。


学生の頃、友人からGSのボックスセットを借りて聞き込んだ。


ひときわ印象が残ったのがザ・スパイダースの洋楽カバーとGS後のアートロックアプローチのPYG(ピッグ)だったのです。


日本のロックははっぴぃえんどを嚆矢とするのはGSとカテゴライズされたミュージシャンに失礼だなと僕は思うのです。



PYGは「帰ってきたウルトラマン」で劇中歌として使用された「花・太陽・雨」が幼少時から記憶に残っていてこの曲に再会した喜びは忘れません。


岸部修三(後の一徳さん)とこの曲を書いたのが井上堯之さんなのです。

2018年6月1日金曜日

2018 5/25(金)9:00~ 西城秀樹特集 第2回目 80年代



2018 5/25(金)9:00~

西城秀樹特集 第2回目 80年代


70年代の西城秀樹は誰でも知っていると思います。


80年代の秀樹楽曲は音楽性も作家陣も多様ですが再評価されて然るべき歌が多いですね。


もんたよしのり、角松敏生、井上大輔、吉田拓郎etc...


F.イグレシアス、S.ワンダー、G.ボネット、J.マイケルなどの洋楽カバー。それを聞いたB.マニロウとのデュエットが実現するなど時代の先を行く感性は衰えず。


チャートアクションだけが音楽的成功ではないことが分かります。


幾つか入手困難な楽曲もありそれは次回に。


おそらく秀樹80年代の特集など此処でしか聞けないのではないかな?

お楽しみに。